×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンのメリット

住宅ローンのメリット

住宅ローンのメリット

私は現在賃貸住まいですが、先日結婚したため新居の購入を検討しています。購入にあたり、資金が一括購入に対して現在不足しているため、住宅ローンの利用を検討しています。住宅ローンというと10年30年といった長期間に渡って返済を行うため、利用することに若干の抵抗がありましたが、以下のような周囲から得たメリットを踏まえて、ぜひ、住宅ローンを利用して新居を購入したいと思うようになりました。

 

まず一つは、住宅ローンには生命保険としての役割があるというメリットがあります。住宅ローンを組む際には、自動的に団体信用保険?という保険に加入されるようです。この保険は、ローンの契約者が万が一なくなった場合には、残りの返済額が帳消しになるという物です。こういった制度があるならば、残されたパートナーや家族も安心です。また、契約者が重大な病気になった場合にも同じような保証がある物もあるようです。このように「生命保険代わり」になるという点はまず、住宅ローンの大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

2つ目は、「節税に役立つ」という点です。住宅ローンが年末調整時点で残っていると、その額に応じて課税額が減額されるというものです。賃貸にしろ、戸建て購入ごのローン支払いにしろ、同じ支払いなら、こういった節税効果のある場合の方が当然ながら経済的ですね。

 

3つ目は、「仕事へのモチベーションが維持される」という点です。例えば、賃貸に済んでいたとすれば、経済的な問題で頻繁により家賃の安い物件へ引っ越し、生活上の金銭の負担を軽減するといういわば「逃げ」の選択肢が生じます。しかし、住宅ローンを組んで、持ち家を保有すると家を住み替えようと思ってもなかなか手軽にそれを行う事ができません。いわば、住宅ローンを組むという事は、自信の経済状況を維持しなくてはいけないという責任を請け負うことといえると思います。これは、メリットでもありデメリットでもあると思いますが、自信の収入減額に対する退路を断つという点で、いい意味での仕事へのモチベーション維持につながると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ